お久しぶりです。理学療法士の大和田です。

乾燥する冬は、無意識のうちに体の水分が蒸発しやすいんです。湿度が低く、乾燥するこの時期では水分蒸発が進むためより体の水分が失われやすい傾向にあります。
このように知らないうちに体の水分が失われ、自覚のないまま脱水状態に陥ることをかくれ脱水といいます。

かくれ脱水のサイン
・皮膚が乾燥し、カサカサしてくる。
・口の中が粘り、飲み込みにくくなる。
・全身のだるさを感じる。
・めまいやたちくらみがする。

かくれ脱水を防ぐには
こまめな水分補給が重要になります。
特に高齢者の場合は、喉の渇きなどを感じにくいこともあるため、1日の中で時間を決めて、家族の方々から促し、こまめに水分を摂取するよう心がけましょう。