こんにちは。厳しい寒さが和らぎ、今日も暖かな日差しが注いていますね。

茶色の木々に、ピンクや白の花が色づき、カラフルな春が近づいてきているのを感じる今日この頃です。

梅の上品な香りも春の訪れを感じさせてくれます。

梅の花の香りには、「鎮静作用」があり梅林の中にいるだけで神経が休まり心穏やかになると言われています。

ゆっくりと梅の香りを感じて、心穏やかに過ごしたいですね。

「香り=嗅覚」は、人間の五感の中で唯一、直接大脳辺縁系に作用すると言われています。

大脳辺縁系というのは、人間の本能や感情を支配している部分で、その中に海馬という記憶を司る部位があり、香りの情報は直接海馬へ届きます。その為、香りの記憶は鮮烈に残りやすいそうです。

梅の香りを嗅ぎ、春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

「紅梅」「白梅」で香りが異なるそうなので、香りの違いを嗅ぎ分けてみるのも楽しいかもしれません。